Red > Green > Refactor > Red

cycle is based on desire

関数決定子/関数従属

 X \rightarrow Y (X , Y \in R)

  • リレーション R が与えられている

  • R に於ける属性の組 X は 関数決定子 と言われる

  • X めいめいの属性値が漏れ分無く一つの Y の属性値に関連付いてるとき R は 関数従属 を満たしていると言う。

ex.

studentID Semester Lecture TA

 \bigl{ \textit{StudentID, Lecture}} \rightarrow TA


参考元

Functional dependency - Wikipedia