Red > Green > Refactor > Red

cycle is based on desire

CentOS 日本語入力まで(デスクトップのみ:リモート未考慮)

CentOS 日本語入力デスクトップのみ対応版

 

サラで入れると、Ctrl+Space などで日本語入力できないから、

次の手順を踏む(デスクトップ版のみの対応を見込む)

 

必須要素

 root 権限

 

1. System > Administration > Add/Remove Software

1-1. iBus で検索

1-2. [Intelligent Input Bus for Linus OS] にチェック & インスト(他の手順でもいいけど、めんどいのでコレ)

1-2 ... # yum install ibus-anthy   日本語入力変換のために必要なAnthyを入れる

1-3. System > Preferences > Input Method で [Use iBus]

 

あとは、各々 Input Method Preferences から iBus の設定

Input Method > Select an Input Method > Japanese > Anthy > Add

は必須